沖縄染織

新垣幸子作 八重山上布着尺

八重山上布

新垣幸子先生にお願いして制作していただいた八重山上布の着尺地です。八重山藍、福木などの植物染料と手結絣の技法で非常に涼やかな印象です。

新垣先生の作品は正確無比な技術もさることながら、色の美しさに毎回感動します。息を飲むほど美しい、そういう表現が相応しいかと思います。

八重山上布は経糸にラミー、緯糸に手うみの苧麻を遣いますが、新垣先生は自ら苧麻を栽培し、自らの手で糸をうまれるのです。達人が栽培から精魂込めて作れば、その作品が素晴らしいのは当然と言えるかもしれません。しかし、その分、特に着尺は年間に数反だけの生産となっています。非常に希少な作品です。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目