首里織 名古屋帯

沖縄の着物は琉装というスタイルで仕立てられ、着用され、帯に関しては本土とは別の発達をしました。現在制作されている名古屋帯は復帰後に作られ始めたものだと言われています。首里織の帯はその洗練されたセンスと、格調の高さにより、他産地のそれとは別の評価・着用法がとられるべきでしょう。紬類だけでなく、格調高い小紋や色無地の上などにされる事もおすすめ致します。

結果の1~9/15を表示しています