城間栄順作 琉球びんがた帯 815488

¥380,000

 

カテゴリー: ,

説明

 

九寸の六通名古屋帯です。

この作品には驚くべきストーリーがありますが、それはここでは書かないことにします。

城間さんの定番というか、古典紅型の定番柄ですね。

古典とか定番とかいうと簡単そうですが、その古典を誰よりも完成度高く染め上げるのが城間さんの卓越したところです。

もちろん、創作の良さはあります。しかし、誰でもが自由に染められて、他にもたくさん同じ柄が出ている作品を城間さんクラスの作家が染めて、我々の期待に応えるには、圧倒的な力が必要なんです。

紅型宗家の看板を揚げられていますが、それにふさわしい力量と内容だと想います。

古典で差が出るのはまずは、『型』ですね。

なめらかで躍動感の表現された線。

そして色。

古典に対して柄の新鮮さに驚くことはありません。ともすれば、『あ、よくある柄ね』と思われてしまいます。

よくある柄なのに、『これは素晴らしいですね!』と思わせるには圧倒的な力が必要です。

そんな古典の中で、私のお願いを上手に表現してくださる柔軟性も備えられている。

他の同じ様な柄の紅型とじっくり比べて観てください。

城間さんのすごさがわかると想います。

 

kancho@mozuya.co.jp

 

 

レビュー

レビューはまだありません。

“城間栄順作 琉球びんがた帯 815488” の口コミを投稿します