セール

喜如嘉の芭蕉布着尺 807088

¥1,500,000

カテゴリー: , タグ: ,

説明

 

重要無形文化財 喜如嘉の芭蕉布の着尺です。

喜如嘉の芭蕉布、そして平良敏子さんのことに関しては、書き出すと長くなりますので、ブログなど別のページでご紹介することにします。

喜如嘉の芭蕉布の染織は主に琉球藍と相思樹が使われますが、この作品もその2つの染料を中心に格子柄が描き出されています。

芭蕉布としては珍しい細かい格子、男性でも着用できる柄となっています。

写真を観ると布目が真っすぐ行っていないのが見えますが、これは芭蕉布は伸子を打たず、布目修正には湯のみ茶碗をひっくり返してそれで円を描くようにこすって整えるため、こうした言わば味わいがでます。

芭蕉布の着尺は圧倒的に絣が多いのですが、こういうシンプルな格子柄もさり気なくて素敵ですね。

芭蕉布は平良敏子さんの復興のストーリーや重要無形文化財としての希少性もありますが、実際に着てみるとまた感じ方が違うと想います。

私は職業柄、2着の芭蕉布の着物を持っておりますが、その良いところ、悪いところも十分に熟知しております。

当館では芭蕉布を扱って五十年以上になりますので、アフターケアなども安心してお任せください。

言わずとしれたことですが大変希少な作品になります。

芭蕉布の本当の良さを体感していただくため、お買い得価格で掲載いたします。

 

kancho@mozuya.co.jp

 

 

レビュー

レビューはまだありません。

“喜如嘉の芭蕉布着尺 807088” の口コミを投稿します