伊藤峯子作 首里花倉織帯 822665

¥380,000

 

 

説明

 

九寸名古屋帯、六通です。

伊藤さんのニューバージョンですが、伊藤さんらしく濃淡が上手に組み合わされている作品です。

黄色系の帯というのは、非常に合わせやすいという認識があり、実際に一番の人気カラーです。

それは織、染を問わずです。

夏帯といえば白っぽい帯が多いと思うのですが、白っぽい帯だと白っぽい着物には合わせにくい、ボケてしまうというきらいがあります。

単衣の上にも締めたいということになれば、使う範囲も、回数も多くなり、白っぽい帯ばかりになってしまいます。

温かい、暑い季節に締めたいのは白い帯ではなく、エッジの聞いたスカッとした色ではないでしょうか。

 

kancho@mozuya.co.jp

 

 

レビュー

レビューはまだありません。

“伊藤峯子作 首里花倉織帯 822665” の口コミを投稿します